のんほいパークの営業時間、料金、見どころなどを徹底調査!

子供とお出かけ
スポンサーリンク

こんにちは。

4人の子供を育てているkoo-mamaです(^^)

今回は愛知県豊橋市にある

豊橋総合動植物公園のんほいパークを徹底調査しましたので

詳しい情報やおすすめポイントなどを解説していきますね(^^)

スポンサーリンク

のんほいパークってどんな場所?

のんほいパークは大きく分けて

・動物園ゾーン

・植物園ゾーン

・遊園地ゾーン

・自然史博物館

の4つのゾーンから構成されている複合施設になります。

広さは40ヘクタール!

東京ドーム約8.5個分にもなる広大な敷地なので1日あっても周りきれない広さですね。

のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)詳細

・住所

愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238

・TEL

0532-41-2185

・営業時間

9:00~16:30(入園は16:00まで)

8月、9月は8:00~15:30(入園は15:00まで)

・定休日

毎週月曜(祝日の場合は翌平日)

12月29日~1月1日

・入園料

大人(高校生以上)600円 小・中学生100円 小学生未満無料

東三河在住の小・中学生は、ほの国こどもパスポート提示で無料

市内在住の70歳以上100円

《年間パスポート》

大人(高校生以上)2000円 小・中学生300円

《遊園地1日フリーパス》

大人(高校生以上)1000円 小・中学生500円

・駐車場

普通車200円/日 大型車400円/日

・アクセス

JR二川駅南口より徒歩6分

国道一号線動物園入口より車ですぐ

国道23号豊橋東バイパス小松原ICより車で5分

・設備

ベビーカー貸出 200円/回

車いす貸出 無料

授乳室 園内7か所に有り

ベビーシート 園内16か所に設置

飲食施設 有り

お弁当持ち込みOK

園内バリアフリー構造 (一部勾配が急な場所もあります)

補助犬との同伴OK

コインロッカー有り 200~400円

のんほいパークにお得に行く方法

☆東三河にお住まいの小・中学生はほの国こどもパスポート

というカードを学校から配布されています。

それを提示すれば子供は無料になりますので、必ず持参しましょう!

 

☆のんほいパークにはお得な前売り券があります。

購入できる場所は2か所。

・のんほいパーク3か所の窓口(中央門、西門、東門)

・豊橋市役所 東館1階 じょうほうひろば

大人(高校生以上)480円 小・中学生80円

購入した翌日から無期限です。

 

☆auスマートパスプレミアムに加入の方限定!

KDDIが行っているキャンペーンで日曜日は動物園に行こうというのがあります。

日曜日限定ですが

豊橋総合動植物公園入園料無料クーポン画面を提示で入園料は無料になります。

auスマートパスプレミアムに加入している方は断然日曜日がお得ですね。

 

私達は何度も行くので年パスを購入しています(^^)

のんほいパーク駐車場の場所

のんほいパークには中央門、西門、東門と3か所の入園門があります。

とても広い施設なので、メインで行きたい場所を決めてから

どこの駐車場にするかを決めると効率がいいです。

動物園をメインで行きたい➡西門

植物園をメインで行きたい➡東門

遊園地をメインで行きたい➡東門

自然史博物館をメインで行きたい➡中央門

特にメインを決めてないという方は中央門で良いと思います。

平日であればどこでも空いているので駐車場の心配はありません。

通常の日曜日でしたら、そこまで混雑しませんが

春休みや夏休み、GWなんかは混雑するのでお昼までには到着する方がいいです!

逆に冬場は日曜日でも空いていますよ。

のんほいパーク動物園の見どころ

のんほいパークの動物園には約150種の動物がいて大きく7つのエリアに分かれています。

なかよし牧場エリア

ここには、ふれあい広場ともぐもぐ広場があります。

ふれあい広場ではウサギ、モルモットにさわる事ができ小さな子に大人気♬

もぐもぐ広場ではヤギや羊(100円)、カピバラやミニブタ(200円)に餌やりができます。

共に毎日10時~11時45分,13時20分~15時30分

乗馬コーナーでは小学生を対象に30名まで

土、日、祝の13時30分~乗馬体験(200円)ができます。

小学生未満の子はウマにまたがって写真撮影ができますよ。(100円)

オーストラリアエリア

オーストラリアエリアの見どころはオランウータンです!

ここにはウランちゃんとウータン君がいます。

檻の中にハンモックがあるんですが、これウランちゃんお手製らしいです(^^)

自分でハンモック作っちゃうなんて凄いですね。

郷土エリア

郷土エリアにはニホンザル、二ホンカモシカがいますよ。

子供達にもおなじみの二ホンザルは飽きる事なくずっと見ていられますね。

モンキーエリア

その名の通りモンキーだらけです(笑)

その中でも子供が食いついて見てるのはリスザルですね。

やっぱり小さくて可愛いですからね(^^)

モンキーエリアから少し行くとアジアゾウがいます。

2019年4月に食事中のゾウを間近でみる事のできる

「ゾウビューイングシェルター」とゾウの水浴びなどが

みられる「大放飼場」が完成しました。

敷地面積4400㎡の大放飼場は国内最大のスケール!

バードエリア

バードエリアには様々な鳥がいます。

野鳥園は9つの部屋に分かれていてガラス越しに野鳥を間近でみる事ができます。

極地動物園エリア

ホッキョクグマ、ペンギン、ゴマフアザラシがいます。

旭山動物園のホッキョクグマが観客に向かって飛び込んでくる

展示法は、のんほいパークを参考にしています。

ここは夏場皆さんが涼む場所にもなってますので夏場は大人気です(笑)

ゴマフアザラシは子供にも大人気のようですね。

うちの子も前から離れませんでした。

アフリカエリア

アフリカエリアは遊園地の近くにあります。

すごく広くて動物の種類も多いです。

キリンやサイ、シマウマ。

チンパンジーやマンドリルがいます。

小5の息子はマンドリルがお気に入り♬

マンドリルって気性が荒いのかな?

息子に向かって凄く威嚇してきます(^_^;)

ホント人間みたいで見てて面白いですよ。

のんほいパーク植物園の見どころ

植物園は四季を通じて様々な植物が楽しめます。

温室には日本では見る事の出来ない植物を見て熱帯の雰囲気を感じる事ができます。

ちびっこさくら広場という場所があって

お花見には最適ですね。

子供が楽しめる大型遊具や芝生広場もあるので

お弁当を食べる場所にも最適です♬

のんほいパーク遊園地のおすすめ

遊園地はそんなに広くありませんが

子供が喜ぶ乗り物は揃っています♬

3歳未満では乗れる物は少ないですが、3歳以上だと

絶対的に1日フリーパスを購入した方がお得です♬

《1日フリーパス》

大人(高校生以上)1000円 小・中学生500円

子供に大人気の乗り物はゴーカートです。

いつも子供達が並んでます(^^)

3歳~小学2年までは保護者同伴になります。

 

2016年にレーシングカートコース(のんほいサーキット)がオープン

《走行条件》

大人用カート

15歳以上、145㎝以上

ジュニアカート

小学2年生以上、120㎝以上

《料金》

1回券 約8~12LAP(5分間計測)1000円

回数券(11回券) 10000円(シェア可、有効期限無)

 

遊園地ゾーンにもキレイな授乳室があるので赤ちゃん連れでも心配ありません

のんほいパーク自然史博物館の見どころ

自然史博物館 大型映像

のんほいパークの自然史博物館では日本最大級のスクリーンで

大型3D映像が毎日上映されています。

時期で上映内容は変わりますので、ホームページなどで確認してくださいね。

自然史博物館の詳細はこちら

大型映像は入園料とは別で観覧料が必要です。

大人(高校生以上)300~700円

小人(中学生以下)100~300円

2D,3D,内容で観覧料が変わります。

 

※以下の方は無料で観覧できます

・ほの国こどもパスポートを持っている小・中学生

・東三河地域の乳幼児

・身体障害者手帳または療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方

自然史博物館 恐竜全身骨格

自然史博物館にはエドモントサウルスの実物1体を含む12体の恐竜全身骨格を見る事ができます。

間近で見ると迫力があり、小さい子供さんは少し怖がるかもしれません。

小学生くらいの男の子は興味深々ですね♬

自然史博物館 展示構成

展示は地球が誕生した46億年前の世界から新しい時代に向かって

過去の世界を体験できるようになってます。

最初の生命の誕生から人類誕生までの長い進化の歴史を学ぶことができるので

小・中学生にとっては良い学びの場所だといえます。

大人でも知らない事は沢山あって何度行っても生命の誕生は神秘だなと思います。

のんほいパークの見どころはナイトZOO!

のんほいパークの大イベントと言えばナイトZOO!

ナイトサファリが開催されます。

大道芸やプロジェクションマッピング、屋台なんかも出てる夏のイベントですね。

ナイトZOO詳細はこちら

のんほいパーク ナイトZOO 開催日2019

毎年夏にナイトZOOが開催されます。

2019年の開催日は

8/3(土)4(日) 10(土)~18(日)

24(土)25(日) 31(土)

9/1(日) 7(土)8(日)

14(土)~16(祝)

21(土)~23(祝)

28(土)29(日)

のんほいパーク ナイトZOO 開園時間

午後5時~9時 (先行入園は午後4時半~)

雨天中止です。

入園は昼夜入れ替え制なので、昼間からそのままナイトZOOも見ようというのは出来ません。

のんほいパーク ナイトZOO 入園料

昼間の入園料とは別で購入しないといけません。

当日券 大人(高校生以上)1400円 小・中学生700円

前売券 大人(高校生以上)1200円 小・中学生600円

注意!

※ほの国こどもパスポート及び年間パスは使えません

※障害者、高齢者等の入園料減免もありません

 

☆開園30分前に入園できる前売券の購入場所

・セブンイレブン(豊橋市、田原市)

・豊橋駅ビル カルミア2F南 おみやげ館 サービスセンター

・豊橋市役所 じょうほうひろば

上記で購入の前売券は購入当日から使えます

 

☆のんほいパーク各入園門

のんほいパークでの前売券は購入翌日から使えます

 

☆auスマートパスプレミアムに加入の方限定!

KDDIが行っているキャンペーンで日曜日は動物園に行こうというのがあります。

日曜日限定ですが

豊橋総合動植物公園入園料無料クーポン画面を提示で入園料は無料になります。

昼の入園で使って、夜にまた使う事も出来ます。

 

駐車場  無料!

注意! ナイトZOOでは中央門と東門しか開放されていません。

西門へは行かないで下さいね!

のんほいパーク ナイトZOO 遊園地

ナイトZOOでは遊園地が無料開放です。

親も子供も嬉しいですね♬

夜の遊園地って子供はテンション上がりますよ(^^)

のんほいパークの見どころ 楽しみ方 まとめ

大人だけで行くのなら自然史博物館や植物園をゆっくり見て周るのも良いでしょう。

子供とお出かけなら動物園や遊園地が喜びますね♬

夏の昼間は動物もバテてますので夏はナイトZOOが超おすすめです!

GWやお盆休みなどは園内が混雑します。

遊園地はすごい人なので迷子に注意してくださいね。

歩きまわりたい年齢の子には迷子防止ハーネスがおすすめですよ♬

わが家の末っ子(1歳半)にも使ってます(^^)

 

人混みの中でも安心して歩かせてあげれますよ♬

 

こんな可愛い天使のリュックもあります♬

 

動物園、植物園、遊園地、自然史博物館

とそれぞれに特徴があるので何度行っても楽しめます。

ホントに広いので1日で全て周るのは

かなりハードになります。

遠くから行かれる方は狙いを絞った方がいいですね。

子供も大人も楽しめる

豊橋総合動植物公園のんほいパークに一度遊びに行ってみてくださいね♬

 

旅ならるるぶトラベル

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。

励みになりますので良かったらポチっとお願いします(^^)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

コメント

  1. […] のんほいパークの営業時間、料金、見どころなどを徹底調査! […]

  2. […] のんほいパークの営業時間、料金、見どころなどを徹底調査! […]

タイトルとURLをコピーしました